新機能 イベントメッセージの予約機能を追加しました。イベント主催者様は、参加者へのメッセージ送信を事前に予約できます。詳しくはこちらをご確認ください。

新機能 イベント詳細画面に「参加者への情報」欄を追加しました。イベント管理者、発表者、参加者(抽選中や補欠は除く)だけに表示されるフィールドです。詳しくはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sep

10

Serverless Meetup Japan Virtual #6 (9/10開催)

日本全国から定期的&カジュアルにMeetup&オンライン配信

Organizing : Serverless Community(JP)

Hashtag :#serverlessjp
Registration info

オンライン視聴枠(通常の閲覧はこちらを選択ください)

Free

Attendees
309

ZoomでMeetup枠(自己紹介やセッションへの質疑応答に参加できます)

Free

Standard (Lottery Finished)
5/10

Twitter実況枠(Zoomにご参加いただけます)

Free

FCFS
1/2

Togetterまとめ枠

Free

FCFS
0/1

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)

Description

配信のURLは当日昼をめどにイベントページへの掲載・メールでのご連絡をさしあげる予定です。連絡がない場合は、本イベントページに掲載されている Serverless Community(JP) YouTubeチャンネルで当日配信を開始しますので、チャンネルページを開いてお待ちください。 最新情報は、下記より発信いたします。ご確認の程よろしくおねがいいたします。

  • connpassのイベントページ、およびconnpass経由のメール
  • Twitterアカウント @serverlessjp およびハッシュタグ #serverlessjp

はじめに(重要事項)

Meetupイベントのスピーカーを公募しています

Serverless Community(JP)では以下のようなセッションを話してもらえる人を通年で募集しています。

  • サーバーレス・アーキテクチャのビジネス上の知見
  • サーバーレス・アーキテクチャの設計上の知見
  • サーバーレスを実践して得られた技術的な知見
  • サーバーレス・エコシステム向けのツールチェインや製品紹介(OSSやクラウド製品)
  • その他サーバーレスに関して「役立つ」「情熱的な」アイデアやストーリー

応募ページ https://forms.gle/Wx2srv9ooh9qNQji8

Serverless Meetupとそのスコープについて

Serverless Meetup は全世界の150箇所以上で運営されているServerless Architectureやその周辺技術のITコミュニティであり、その数は今も増え続けています。日本では「東京」「大阪」「札幌」「福岡」で定期的に開催されています。

どのMeetupグループも毎月のようにアプリ開発者/プラットフォーマー/フレームワークメンテナーなどが知見を共有し合っています。

Agenda

正式に全国の共同チェアが持ち回りで行うオンライン全国イベントに切り替えた開催になります。 サービス開発者・ツールベンダー・OSS開発者など、たくさんのエコシステムの仲間たちで情報を共有しあいましょう。 質問や議論に参加したい人はガヤ枠にぜひご参加ください。

7回目となる今回は「基礎から学ぶ サーバーレス開発」の書籍を発刊したアイレット株式会社(cloudpack)の共著陣による、書籍の解説や、書籍に盛り込めなかった裏話などを聞いてみようと思います。

Meet the Expert!!

Timeline Title Speaker (敬称略)
20:45-21:00 Social
21:00-21:05 Opening Talk 吉田真吾
21:05-21:10 Forkwellさん告知!! 重本湧気
21:10-21:30 本の概要やポイント紹介と本に書いてある構築例の解説 青池利昭、 福田悠海、 和田健一郎 (cloudpack)
21:30-21:40 Meetup Zoom参加メンバー
21:40-22:00 本にかけなかったポイントと執筆体験談 青池利昭、 福田悠海、 和田健一郎 (cloudpack)
22:00-22:30 Meetup Zoom参加メンバー
22:30- Closing

※タイムテーブルは予告なく変更になることがあります

Big Thanks to our Sponsors

Forkwell(株式会社grooves)/ソニー株式会社 (配信スポンサー)

Forkwell(株式会社grooves)

ソニー株式会社

Speakers

和田健一郎 (アイレット株式会社)

前職でAWSを使う機会があり、その便利さ、また、進化のスピードに驚き、これからはクラウドの時代だと感じる。中でも、AWS Lambdaには非常に感銘を受け、AWS Lambdaを使った開発をしたいと思い、2016年にアイレットにJOIN。 現在は社内開発チームで、主に社内で利用するツールの開発を行なっている。また、JAWS-UGの千葉支部運営としても活動中。 好きなAWSサービスはAWS Lambda。

青池利昭 (アイレット株式会社)

関西のシステムインテグレーターで物流系システムや官庁系システムなどの数多くのシステムをオンプレミスで開発していたが、Amazon Web Services(AWS)を利用したプロジェクトに参画しこれまででは考えられなかった、使いたいときに必要なリソースを必要な分だけすぐに手に入れることができる素晴らしさに魅了され本格的にAWSの勉強を開始。 縁あってAWSスペシャリスト集団のアイレットにジョインしAWSを活用したシステムの開発・運用に従事し、現在はセキュリティエンジニアとしてこれまでの経験を活かしてクラウド時代のセキュリティについて日々研鑽しています。

福田悠海 (アイレット株式会社)

大学卒業後、大手ドラッグストアへ就職。その後エンジニアに転身し、オンプレミスのシステム開発会社を経て2016年にアイレットへ入社。2020からはジャパニーズトラディショナルメディアカンパニーで我が国の侘び寂びを体験中。 現在は、データー分析開発チームのリーダーとしてWebアプリのバックエンド開発・運用・保守を担当している。 2018年からは開発・運用コスト削減のため商用システムの開発において本格的にサーバーレスの採用を開始。2019年にはアイレット初の事例となる本番環境でAurora Serverlessを利用したサービスをローンチ。 「1案件につき1つ新しいことに挑戦する」というルールのもと、オンプレ脳の大手国内ベンダーと格闘中。

Organizer & Co-Chairs

吉田真吾 (サイダス / セクションナイン)

CYDAS CTO / セクションナインCEO

クラウドネイティブなシステム構築・運用のかたわら、ServerlessConf TokyoやServerless Meetup Japan(Tokyo/Osaka/Sapporo/Fukuoka)の運営、また各種記事執筆を通じて、日本におけるサーバーレスの普及を促進。

ServerlessDays Tokyo / Fukuoka 2019が開催されました。

ServerlessDays Tokyo 2019 の詳細

https://tokyo.serverlessdays.io

カンファレンス参加者:310名

https://yoshidashingo.hatenablog.com/entry/2019/10/26/191417

ServerlessDays Fukuoka 2019 の詳細

https://fukuoka.serverlessdays.io/

カンファレンス参加者:125名

https://blog.seike460.com/2019/12/17/ServerlessDaysFukuoka2019/

Serverless Community(JP) にジョインしよう!

コミュニティメンバー募集

アンチハラスメントポリシーについて

当コミュニティではすべての参加者(スピーカー、スタッフ、参加者、その他サポートしてくれるすべての関係者)は以下の規範に同意する必要があります。われわれはかかわるすべての人に安全な環境が提供されるように参加者全員がこれに協力することを期待します。

アンチハラスメントポリシー(短縮版)

性別、性の同一性や表現、年齢、性的指向、身体障害、体型、体格、人種、または宗教(または逆に信仰を持たないこと)にかかわらず、誰に対しても嫌がらせのない参加体験を提供することに努めます。参加者への嫌がらせはいかなる行為も容認しません。性的な表現や画像などは、講演、ワークショップ、パーティー、TwitterやFacebookおよびその他すべてのオンラインメディアを含む、あらゆる場において不適切とみなします。これらの規則に違反した参加者は、たとえ有料イベントであっても開催者の裁量で返金することなく、これらの場所から追放され今後の参加の一切を断る可能性があります。

アンチハラスメントポリシー(完全版)

「嫌がらせ」には、性別、年齢、性的指向、身体障害、体格、人種、宗教に関する不快な発言や、性的な画像の使用、意図的な脅迫、ストーキング行為、望まない写真撮影や録音・録画、議論の中断を招く不快な発言、不適切な身体的接触、歓迎すべきでない性的関心を引く行為が含まれます。

嫌がらせ行為を中止するように求められた参加者は、直ちに遵守することが求められます。

参加者が嫌がらせ行為に関与している場合、主催者は、違反者への警告や(たとえ有料イベントであっても)返金なしでの即時退場など、適切と思われる行動を取ることができます。

あなたが嫌がらせを受けている、あるいは他の誰かが嫌がらせを受けていたり、その懸念がある場合には、すぐにスタッフに連絡してください。

スタッフは、参加者が会場のセキュリティまたは警察機関に連絡して護衛を提供したり、またはその他の方法でイベントの開催中に当該参加者の安全が担保されることを支援します。つまりわれわれはあなたの参加を心から歓迎しています。

われわれは、すべての参加者が勉強会、カンファレンス、ワークショップといったイベントの会場やイベント関連のミートアップにおいてこれらの規則に従うことを期待します。

個人情報保護について

勉強会の会場へ入館申請を行うため、参加者の本名やメールアドレスの情報を頂く場合があります。 そのため、connpassの事前アンケートで頂いた個人情報を以下に定める内容にて取り扱います。

個人情報の利用目的について

ご提供いただいた個人情報は、以下に定める目的にのみ利用いたします。

  • コミュニティ開催会場の入館申請手続き
  • 勉強会の申し込み者の入館時のご本人確認

個人情報の取扱

取得した個人情報は、connpassでの入力により取得を行います。当サイト上での個人情報の取得にあたっては、提供時における確認などのクリックによって本人の同意を得たものとします。 当コミュニティでは、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示・提供いたしません。

  • 会場入館の目的に沿って会場提供者(社)に入館申請を行う場合
  • 本人の同意がある場合
  • 本人の生命の保護などのために必要な場合であって、緊急を要するなど、ご本人の同意を得ることが困難である場合

Feed

horike_takahiro

horike_takahiroさんが資料をアップしました。

09/11/2020 12:54

yoshidashingo

yoshidashingo published Serverless Meetup Japan Virtual #6 (9/10開催).

08/27/2020 12:08

Serverless Meetup Japan Virtual #6 を公開しました!

Group

Serverless

the future will be...

Number of events 41

Members 4046

Ended

2020/09/10(Thu)

21:00
22:30

Registration Period
2020/08/27(Thu) 12:08 〜
2020/09/10(Thu) 22:30

Attendees(315)

anzoo

anzoo

Serverless Meetup Japan Virtual #6 に参加を申し込みました!

ita

ita

I joined Serverless Meetup Japan Virtual #6!

rhythm

rhythm

Serverless Meetup Japan Virtual #6に参加を申し込みました!

choko

choko

Serverless Meetup Japan Virtual #6 に参加を申し込みました!

couzie

couzie

Serverless Meetup Japan Virtual #6に参加を申し込みました!

ZUMA

ZUMA

Serverless Meetup Japan Virtual #6 に参加を申し込みました!

penta

penta

Serverless Meetup Japan Virtual #6 に参加を申し込みました!

vatanaka

vatanaka

Serverless Meetup Japan Virtual #6 に参加を申し込みました!

Kahonami

Kahonami

Serverless Meetup Japan Virtual #6に参加を申し込みました!

po-

po-

Serverless Meetup Japan Virtual #6 に参加を申し込みました!

Attendees (315)

Canceled (4)