新機能 イベントメッセージの予約機能を追加しました。イベント主催者様は、参加者へのメッセージ送信を事前に予約できます。詳しくはこちらをご確認ください。

新機能 イベント詳細画面に「参加者への情報」欄を追加しました。イベント管理者、発表者、参加者(抽選中や補欠は除く)だけに表示されるフィールドです。詳しくはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jan

25

Serverless Meetup Kobe #1

Nestjs / GAS / マルチクラウド etc... 2020年もサーバーレス!

Organizing : Serverless Community(JP)

Hashtag :#serverlesskobe
Registration info

参加枠

Free

FCFS
15/15

スピーカー・スタッフ(運営にて指名)

Free

Standard (Lottery Finished)
3/5

Description

はじめに(重要事項)

  • 今回は抽選となっておりますのでご注意ください。
  • 大きなシャッター音はスピーカーの話に集中する環境を壊しがちです。撮影する場合は「Microsoft Pix」のような無音カメラを使うなど周囲への配慮をしましょう。

  • 会場にwifiはあります

  • ハッシュタグ #serverlesskobe

Serverless Meetupとそのスコープについて

Serverless Meetup は全世界の110箇所以上で運営されているServerless Architectureやその周辺技術のITコミュニティであり、その数は今も増え続けています。日本では「東京」「大阪」「神戸」「札幌」「福岡」で定期的に開催されています。

どのMeetupグループも毎月のようにアプリ開発者/プラットフォーマー/フレームワークメンテナーなどが知見を共有し合っています。

Agenda

1回目となります。

Meet the Expert!!

Timeline Title Speaker
18:30-19:00 Registration
19:00-19:05 Opening Talk 堀家 隆宏 (Serverless Operations, Inc CEO)
19:05-19:10 会場案内、告知
19:10-19:40 コミュニティで創るサーバーレスの今とこれから 堀家 隆宏 (Serverless Operations, Inc CEO)
19:40-19:50 Social
19:50-20:10 Clasp + TypeScriptでGAS 岡本 秀高 (Digitalcube)
20:10-20:25 マルチクラウドでいろいろ「がおって」みた がおまる
20:25-20:40 NestJS + Serverlessでプロジェクトをメンテナブルにした話 榊原 昌彦
20:40- After Meetup 21:00までに完全撤収

21:00までには完全撤収

※タイムテーブルは予告なく変更になることがあります

Speakers

堀家隆宏 (Serverless Operations, Inc)

Serverless FrameworkなどのServerless関連のOSSのメンテナーや開発者をやっています。仕事ではServerlessアプリケーションの開発やコンサルティングなど、複数の会社のパートナーとして、協業や支援を行っています。

岡本 秀高 (Digitalcube)

Alexa Champion AWS Samurai 2017

TypeScriptとReact?やServerless Frameworkを用いたウェブアプリの開発。 WordPressのAPIを利用した開発などに携わっています。

オフではask-sdkへのコアコントリビュートやask-utilsをはじめとしたNode.js系OSSの開発など。

高馬宏典 (通称:がおまる)

がおまる

株式会社アイエンター システム開発本部 R&D
ATLabo・がおまる塾運営、スマートスピーカー研究開発
テクニカルチーフ、スマートスピーカーエバンジェリスト
Alexa Champion
LINE API Expert 何でも連携したがる変なおじさん。最近周りの人から「がおってる!」と言われている。
スマートスピーカーアプリ開発入門 著者 アイエンターは、ITの総合コンサルティング企業です。
デザインからシステム開発、デジタルマーケティングまでワンストップソリューションサービスをお届け致します。 http://www.i-enter.co.jp/

榊原 昌彦

一般社団法人リレーションデザイン研究所 代表理事 一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス CTO

https://rdlabo.jp

1986年兵庫県生まれ。島根県立大学総合政策学部卒業、関西学院大学院大学総合政策研究科修士課程修了。 大学院卒業後、一般社団法人リレーションデザイン研究所立ち上げ。その後、まちづくりの産業化を目指す一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンスにも参画し、全国の様々なまちづくりの現場に携わる。まちづくりの現場では、高付加価値や効率化ではなく、ボランティアや補助金に頼って事業を成立させているところが多いことに気づき、事業の構造的転換を図りアプリを開発・導入。それ以降、事業で用いるアプリやシステムの開発を行っている他、様々なコミュニティ活動に関わる。著書「Ionicで作るモバイルアプリ制作入門」(2018年1月31日初版発行)。

肩書

・一般社団法人リレーションデザイン研究所 代表理事 ・一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス CTO ・合同会社ねこもり 特別講師

コミュニティ活動/OSS

・Ionic Japan Users Group代表 ・ionic / @ionic/core contributor

登壇実績(カンファレンスのみ)

・FRONTEND CONFERENCE 2016 ・FRONTEND CONFERENCE 2017 ・WordCamp Kyoto 2017

Serverless Community(JP) にジョインしよう!

コミュニティメンバー募集

アンチハラスメントポリシーについて

当コミュニティではすべての参加者(スピーカー、スタッフ、参加者、その他サポートしてくれるすべての関係者)は以下の規範に同意する必要があります。われわれはかかわるすべての人に安全な環境が提供されるように参加者全員がこれに協力することを期待します。

アンチハラスメントポリシー(短縮版)

性別、性の同一性や表現、年齢、性的指向、身体障害、体型、体格、人種、または宗教(または逆に信仰を持たないこと)にかかわらず、誰に対しても嫌がらせのない参加体験を提供することに努めます。参加者への嫌がらせはいかなる行為も容認しません。性的な表現や画像などは、講演、ワークショップ、パーティー、TwitterやFacebookおよびその他すべてのオンラインメディアを含む、あらゆる場において不適切とみなします。これらの規則に違反した参加者は、たとえ有料イベントであっても開催者の裁量で返金することなく、これらの場所から追放され今後の参加の一切を断る可能性があります。

アンチハラスメントポリシー(完全版)

「嫌がらせ」には、性別、年齢、性的指向、身体障害、体格、人種、宗教に関する不快な発言や、性的な画像の使用、意図的な脅迫、ストーキング行為、望まない写真撮影や録音・録画、議論の中断を招く不快な発言、不適切な身体的接触、歓迎すべきでない性的関心を引く行為が含まれます。

嫌がらせ行為を中止するように求められた参加者は、直ちに遵守することが求められます。

参加者が嫌がらせ行為に関与している場合、主催者は、違反者への警告や(たとえ有料イベントであっても)返金なしでの即時退場など、適切と思われる行動を取ることができます。

あなたが嫌がらせを受けている、あるいは他の誰かが嫌がらせを受けていたり、その懸念がある場合には、すぐにスタッフに連絡してください。

スタッフは、参加者が会場のセキュリティまたは警察機関に連絡して護衛を提供したり、またはその他の方法でイベントの開催中に当該参加者の安全が担保されることを支援します。つまりわれわれはあなたの参加を心から歓迎しています。

われわれは、すべての参加者が勉強会、カンファレンス、ワークショップといったイベントの会場やイベント関連のミートアップにおいてこれらの規則に従うことを期待します。

個人情報保護について

勉強会の会場へ入館申請を行うため、参加者の本名やメールアドレスの情報を頂く場合があります。 そのため、connpassの事前アンケートで頂いた個人情報を以下に定める内容にて取り扱います。

個人情報の利用目的について

ご提供いただいた個人情報は、以下に定める目的にのみ利用いたします。

  • コミュニティ開催会場の入館申請手続き
  • 勉強会の申し込み者の入館時のご本人確認

個人情報の取扱

取得した個人情報は、connpassでの入力により取得を行います。当サイト上での個人情報の取得にあたっては、提供時における確認などのクリックによって本人の同意を得たものとします。 当コミュニティでは、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示・提供いたしません。

  • 会場入館の目的に沿って会場提供者(社)に入館申請を行う場合
  • 本人の同意がある場合
  • 本人の生命の保護などのために必要な場合であって、緊急を要するなど、ご本人の同意を得ることが困難である場合

Feed

がおまる

がおまるさんが資料をアップしました。

01/26/2020 00:19

HideOkamoto

HideOkamoto published Serverless Meetup Kobe #1.

01/02/2020 18:39

Serverless Meetup Kobe #1 を公開しました!

Group

Serverless

the future will be...

Number of events 41

Members 4046

Ended

2020/01/25(Sat)

18:30
21:00

You cannot RSVP if you are already participating in another event at the same date.

Registration Period
2020/01/02(Thu) 18:39 〜
2020/01/25(Sat) 21:00

Location

way out

神戸市中央区磯辺通2‐2‐10 ワンノットトレーズビル2階

Attendees(18)

はまーん

はまーん

Serverless Meetup Kobe #1 に参加を申し込みました!

misumi_takuma

misumi_takuma

Serverless Meetup Kobe #1に参加を申し込みました!

Daisuke KONISHI

Daisuke KONISHI

Serverless Meetup Kobe #1 に参加を申し込みました!

Yui

Yui

Serverless Meetup Kobe #1に参加を申し込みました!

kun432

kun432

Serverless Meetup Kobe #1に参加を申し込みました!

元

I joined Serverless Meetup Kobe #1!

小川 剛

小川 剛

Serverless Meetup Kobe #1 に参加を申し込みました!

Y.Fujita

Y.Fujita

Serverless Meetup Kobe #1 に参加を申し込みました!

masataro

masataro

Serverless Meetup Kobe #1 に参加を申し込みました!

yyuuiikk

yyuuiikk

Serverless Meetup Kobe #1に参加を申し込みました!

Attendees (18)

Canceled (2)